ご利用方法

1.見学または体験
2.地域の福祉窓口に利用申請
3.受給者証交付、利用上限額決定
4.面接
5.利用開始